1. 車の査定
  2. [ edit ]

月々のローンの返済がまだ

「車買取!残債が残っていてガリバーに持って行ったら残債を払わないと名義が移せな...」 より引用

車買取!残債が残っていてガリバーに持って行ったら残債を払わないと名義が移せないので買い取りは無理と言われました。 今のローンは払い続けて車を売ることってできますか? 残っているローンは払い続けて車って売れますか?…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEzMzI5MDY2OTM-


月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取専業店に売却することは可能です。
売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人である必要があります。
まだ名義がローン会社になっている場合は、ローンを返し終わるまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。
但し、ローン会社から承認を取り付ければ、売却と同時にその利益をもって完済するという方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)もあるのです。
新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディーラー下取りに出すことがあります。
購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、買取業者を利用するのにくらべると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。
ただし、実際の買取価格で比べるとくるま専門店による買取とディーラー下取りでは、おクルマ屋による引き受けの方が高額になるという事実があることは忘れてはいけません。
下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、少々手間をかけてでも買取専業店に査定してもらったほうが良いでしょう。
どんな分野の売却においても同様でしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。
夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。
一方、車種にか替らずいえることというと、初年度登録日からの日数が浅い方が査定額がアップすることが少なくありません。
じっさいに車を手放すならば幾らかでも早めの行動をする方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。
くるまを売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。
何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。
車売却の時だけでなくて、印鑑証明書は買うときにも提出する必要があるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。
因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。
車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。