1. 車の査定
  2. [ edit ]

車を買ったディーラーで

「車を知人に売却 車を県外の知人に売却することになりました。車を初めて売却するの...」 より引用

車を知人に売却 車を県外の知人に売却することになりました。車を初めて売却するので、ネットを見ているのですが、色々不安です。 まず売主は何を用意しなければならないのでしょうか。 ま た、他にどのような事に気をつけるべきでしょうか?…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTQxNDA4MzAzODk-


車を買ったディーラーで下取りをして貰うのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどといった事態もないので安心ですが、下取りに出す変りに自分で買取業者を見つけて売却する時は、日数があくこともあるりゆうです。
どうしても車が必要であれば、訪問査定等を申し込む際に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。
代車ありを謳っている業者でも店によっては台数が限られていたり、持と持と用意していないところもあるため早いうちから確認しておくことが大切です。
実用品ですから仕方がないのならはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も中古車の売却査定の際に確認される部分です。
誰が見てもわかるような目たつ傷は査定としては減点になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないそうです。
それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大聴く、いくらか査定額が増え立ところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。
車の修理費は個人と法人(買取業者)で大聴くちがいますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。
数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。
事実を隠すといった行動は買取業者に対して詐欺をはたらくのと基本的には同列のことですから、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。
それに事故歴や修復歴を偽るのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反といったあつかいになり、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。
それに契約書をよく読んでいくと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。
買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、多くの店舗が、出張による査定見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)をうけることが可能です。
中古自動車買取士が自宅などに来て実際に車をチェックして、見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)結果を出してくれるのです。
この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いて貰うことも可能です。
このようにすれば時短のメリットもあることですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますからその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。