1. 車の査定
  2. [ edit ]

車は初めて車検証が発行されてから

「自動車売却時の手続きについてお聞きします 以前ディーラーに売却時の書類に ・自...」 より引用

自動車売却時の手続きについてお聞きします 以前ディーラーに売却時の書類に ・自動車税過誤納金還付請求件譲渡通知書 ・自動車税納税証明書 ・自動車損害賠償責任保険承認請求書 書類があり実印を押したのを覚えてますが 今回ディーラー以外の中古車屋に売却した時は 上記の書類(手続き)が有りませんでした 車検の残りは、後 1ヶ月です 切れるから書類が無かったのでしょうか 委任状は記入しました 車には…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTQxMzY4MzAzMzk-


車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。
勘ちがいされている方も多いのですが、製造年は関係なくあくまでも初度登録年から数えますから、わからなくなったら車検証を見てみましょう。
高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは値段がつかない車も出てきます。
市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、購入者視点で考えるとその中でメンテの行き届いた車を見つける事ができれば、本当にラッキーです。
完済前でローンが残っている車を売るなら、まずは売却前に完済をもとめられるでしょう。
つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。
売る際に残りの債務をすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、もし不可能なら売却額をもってローン残債を支払うという手もないわけではありません。
ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、手つづきも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。
所有する車の相場がしりたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。
普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要書類と言うことになります。
これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手つづきをする場所が違うことを知っていると良いでしょう。
一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けばいいですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。
査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、たいていの買取業者で、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。
中古自動中古車見積もり士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積もり結果を出してくれるのです。
こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。
このように複数の会社に同時に依頼することにより時間も節約可能ですし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の価格競争が起こるのでその結果として見積金額がアップするかも知れないのです。




  1. 車の査定
  2. [ edit ]

大事なクルマをお得に

「車検代行手数料と車売却について・・・ 今回 わけ合って 自宅まで車をとりに来ても...」 より引用

車検代行手数料と車売却について・・・ 今回 わけ合って 自宅まで車をとりに来てもらいました 自宅に来てもらっても 代金は変りません って言われてたんですけど やはり 代行手数料8500円は 来て貰った費用なんですか? もう1つお聞きしたいです 我家の車は購入して2回目の車検でした 5年目って事ですが・・・ あまり乗らないし 売ったほうがいいかな・・とも思っていますが 売るなら いつごろまでに・・…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTI4ODM5Nzc1Mg--


大事なクルマをお得に引き渡すのが望みであれば、下取りにするよりも買取りをセレクトするようにしましょう。
買取りの方がもっとプラスとなる傾向にあります。
また、事故を起こした車や故障した車を売りたいと考えているなら、下取りにすると見積もりが低くなるため、うま味があるということにならず、廃車にするための費用を払うことになるかも知れません。
しかしながら、買取りだったら専門の会社を選択すれば、問題なく買取りをおねがいする事が実現します。
車検証、そして車の納税証明書を査定依頼をする際に、準備することが必要です。
くるまの内外を再確認する必要性もあります。
ひっかきキズ程度なら、DIYで補修し、ワックスで磨き上げ、清潔感が感じられるよう車の中も綺麗にしてちょーだい。
もしも、何かチューンナップを行っていたら、出来たら購入時の状態に直して、メーカー純正部品に交換した方がプラスです。
たばこを吸わないように努力するなど、匂い対策も必須になってきます。
見積サイトを用いておみせを決めたら、実車の見積をしてもらう手順へと進行するのですが、実車買取前に揃えておいたほうが良い書類があります。
自賠責保険証と車検証なのですが、どこにあるかすぐに確認出来るでしょうか。
担当者の来訪日時が差し迫ってからオロオロと探し回るといったことがないよう、買い取って貰う際に準備しておく自動車納税証明書など各種書類と伴に抜かりなく所在チェックをしておきます。
これらの書類がどうしても見つからない、なくしたなどの場合、再発行の必要があり、時間もそれなりにかかりますので注意してちょーだい。
所有車の品定めを頼むのであれば、労力をかけてもスタッドレスタイヤを備えたままにはせず、冬用ではない標準タイヤにしておくべきでしょう。
スタッドレスタイヤはマイナスの評価となってしまうわけなんです。
コンディションが良かったら車と併せてスタッドレスタイヤも売却出来るということもありえますが、走り過ぎでミゾがすりへっていると、逆に処分費用が掛かってくるかも知れません。




  1. 車の査定
  2. [ edit ]

永年運転してきたマイカーを

「車の買い替えと残りのローン残金で悩み中なのですがよければアドバイス頂けると幸...」 より引用

車の買い替えと残りのローン残金で悩み中なのですがよければアドバイス頂けると幸いです。 1年半程前にミニバンタイプの車を新車購入し、今現在ローン残金が150万程あり月の返済額が4万ぐら いなのですが今乗ってる車を売ろうかこのまま5年ローンで乗り潰すか迷っております。 燃費がリッター10キロ弱の車で職場まで約20キロありだいたいガソリン代だけで月4万かかっております。 見積もりを出した訳でなはいの…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTMxMzYzNDM5OTM-


永年運転してきたマイカーをそろそろリニューアルしよう、というケースでは、手間暇を考慮して販売業者に下取りに出したくなると思いますが、それより専門買取業者に申込んだ方が、相当オトクであるということが、世間一般に認識される様になってきました。
ダイレクトにショップに出向いて行かなくとも、マイホームのPC、またはスマフォなどを使用することで見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)価格が大まかにどの程度になるのかが分かります。
それが可能なのが、一括査定ホームページと呼称されるものです。
使い方は車の名称、製造年度などベーシックな項目に記入するのみです。
2~3分位で正解が明らかになるでしょう。
クルマ鑑定にも、鑑定に適したタイミングがあるのです。
くるまを手放そうと思ったその瞬間だと言えます。
この理由は、くるまは放りっぱなしたままでも日数が経過するほど酷い状態になってしまうものです。
つまり古くなるとその分プライスは安くなっていく一方なのです。
見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)は新しいのなら新しいほど、高い値段で売却できるというわけです。
考え込むよりも、すぐにでも値踏みをうけるのがベターだと思います。
スムーズな愛車鑑定のプロセスとしては、一括で値踏みできるWEBページを使い、エントリーをします。
その際にあちこちの業者に申込することです。
絞り込んだ数カ所へ現物鑑定してもらうのをお勧めします。
実物を審査してもらった中からどこの業者に買い取ってもらうのかを決め、ようやく契約になります。
代金を手にできるのは後日です。
パターンとしてあるのは口座に入金される流れですが、規模が小さい買い取りショップに買い取って貰う時には、いざという時に備えて振り込みではなく、現金取引の方がいいです。
マイカー査定と販売店による下取りでは、どちらの方がより高額で買い入れてもらえるのでしょうか?車種やカラー、くるまの状態にも影響されますが、査定額が高くなる望みがあるマイカー見積がお勧めです。
私が認識している限りでは、ディーラーによる下取りはすべて標準査定価格から金額を弾き出しているため、車の色やニーズはさほど考慮されません。
新型モデルの値引きも合わせたものが言われるシーンも多いので、人それぞれで交渉困難になるでしょうし、クルマの評価額が、うやむやなままになってしまいます。
かようなことを頭に入れてみると、買取業者との取引を選択したほうが合理的なチョイスだと言ってもいいでしょう。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY